2006年07月29日

品川近視クリニックについて

品川近視クリニックについて

レーシックを超えた視力回復法!品川近視クリニックの最新イントラレーシック。近視・遠視・乱視の矯正可能!
近視クリニック(所在地は品川)は、従来のレーシック治療より、安全性・確実性がさらに増した最新の視力回復術です。

品川近視クリニックの体験談はこちら

手術時間は両眼でおよそ15分、入院不要で手術後に帰宅が可能です。
品川近視クリニックでは業界トップクラスの回復率。近視の方の術後の平均視力は1.61。98%の方が1.5以上の裸眼視力まで回復し、残りの0.2%の方も1.0以上まで回復しています。
業界トップクラスの症例数。
品川近視クリニックはレーシック専門クリニックとして月間症例数は3000症例を超え、イントラレーシックでは世界一とアメリカイントラレース社より表彰されるほど、実績を兼ね備えたクリニックです。
品川近視クリニックは業界トップクラスの安心クリニック。執刀医はすべて日本眼科学会の眼科専門医

レーシック先進国アメリカでは、主流になっている近視矯正法品川近視クリニックの「イントラレーシック」。
品川の近視クリニックでは年間約130万人が受けて、安全性が証明されています。

手術直後から視力回復効果が現れます!

品川近視クリニックのレーシック(LASIK:Laser in Situ Keratomileusis)は、角膜屈折矯正手術の一種で目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。

角膜の表面を薄く削りフラップ(ふた状のもの)を作り、めくる。そこに品川近視クリニックのではエキシマレーザーを照射し、角膜の一部を破壊し除去する。
角膜中央部が薄くなるため、角膜の曲率が下がり、近視が矯正される。また、品川近視クリニックので行う検眼のデータをもとにレーザー照射を調節することで乱視も矯正可能!


品川近視クリニックのイントラレーシックは、レーシック(視力矯正手術)の一形態である。

品川近視クリニックのイントラレーシックと一般的なレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にある。通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成するが、品川近視クリニックのイントラレーシックはアメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いてコンピュータ制御によってフラップを精密に作成する

通常の近視治療レーシックにおいても、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することは可能とされているが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が若干でこぼこしたりするため、まれにシワの原因となることがある。一方、品川クリニックにおける近視治療では、コンピュータ制御により非常に綺麗な仕上がりが期待できる

さらに品川近視クリニックのイントラレーシックは、従来の近視クリニックにおけるレーシックにくらべてよりフラップをうすく正確に作成することが可能です



回復率ほぼ100%!レーシックを超えた視力回復法。キャンペーン実施中!


posted by siro at 16:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。